「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

願いのアストロ1話ネタバレ!組長の後任は世剣テラス?

願いのアストロ1話ネタバレ!組長の後任は世剣テラス? エンタメ
Pocket

今回は、「願いのアストロ1話ネタバレ!組長の後任は世剣テラス?」と題してお送りします。

東京卍リベンジャーズの作者である和久井健の新連載が、15日発売の週刊少年ジャンプ20号よりスタートしますね!

そのタイトルは、願いのアストロ!

異能×アウトローということで、めちゃくちゃ面白そうなことが期待できます!

少年ジャンプの公式PVでも少し紹介されていましたが、一体どんな話になるのでしょうか?

そこで、今回は「願いのアストロ1話ネタバレ!組長の後任は世剣テラス?」と題してお届けします。

※このサイトは、あくまでネタバレなので、本当にこの漫画を楽しみたい人は本編を読むことをお勧めします!

ちなみに、ebookjapanでも少年ジャンプが電子版で購入できます!

これなら、毎週コンビニに買いに行かなくて済むし、通勤通学中にも読めちゃいます!

ぜひ、ebookjapanでジャンプ購読してみてください!

 

願いのアストロ1話世剣ヒバルのネタバレ!

願いのアストロがいよいよ始まります!

1話目から一体どんな展開になるのかワクワクです!

1話目の題名は、「世剣ヒバル」!

カラーの見開きには、ぶっ壊せ時代も常識も何もかも!ということだったので、東京リベンジャーズと同じようにタイムリープ系のお話かもしれません!

では早速ネタバレしていきたいと思います。

 

世剣ヒバルは組長の一人息子?

この漫画の主人公である世剣ヒバルは、組長世剣金剛の一人息子!

小さい頃から父親には可愛がられていたようで、昔お祭りに2人で出かけた回想シーンがありました。

父であ剛は、人格者のようで、孤児を迎え入れていました。

その一人が、世剣テラス。

 

世剣ヒバルと世剣テラスは二人で一つ!

世剣ヒバルと世剣テラスは、父金剛がなくなる前に、2人で力を合わせるようにと言われました。

そして、2人にはそれぞれ形の違うペンダントが渡されました。

このペンダントが、二つで一つということなのです。

この二つがそろわないと効力を発揮できないということなのかもしれません。

 

みんなの反応は?

 

願いのアストロ1話組長の後任は世剣テラス?

JUMPの公式YouTubeで、願いのアストロの1話目について、少し触れられていましたが、その中で、後任は世剣テラスというところがありましたね。

実際にどういうことなのでしょうか?

続きもネタバレしていきたいと思います。

 

組長の後任は世剣テラス?

組長金剛の葬儀で、喪主であるヒバルが組長の後任についての発表を告げました。

それは、世剣テラス!

実の一人息子のヒバルではなく、テラスが任命されたのです。

周囲は祝福していましたが、テラス本人はびっくりしていました。

 

なぜ後任はヒバルではなくテラスなのか?

なぜ実の息子ではなく、テラスを任命したのでしょうか?

もちろん父のことなので、実の子とそうでない子を見境なく育てていたとしても、後任まで?って思っちゃいますよね。

これは、父の意向だということでした。

ヒバル自身も納得しているようで、テラスに八つ当たりするようなこともなく、むしろ一緒に未来を作っていこうととても前向きなようでした。

 

ヒバルだと組が崩れる?

ヒバルは、後にテラスになぜヒバルではなくてテラスなのか、その経緯を説明しますが、その中で、自分ではだめなのだと言うんです。

自分だと組がなくなってしまうということ。

一体どういうことなのでしょうか?

その詳細はわかりませんが、これから少しずつ分かってくるかもしれません。

 

東京に隕石が落ちる?

葬儀の後、ヒバルとテラスが銭湯から出てくると、流れ星がたくさん!

お願い事をしていたら、まさかのかなり近くに隕石が落ちてきました。

そして、なんとテラスがいたと思われる当りのところにも落ちてしまったのです。。。

テラスが犠牲になってしまったと思い、ヒバルはペンダントを握りしめて、テラスが下敷きになっている建物にこぶしをつき続けます。

 

ペンダントの力とは?

すると、ヒバルのパンチで建物がぶっ飛んでしまったのです!

そして、そこにはテラスが!

まだ生きていたのです!

ですが、あたりはほとんどの建物がくずれていたのです。

 

まとめ

今回は、「願いのアストロ1話ネタバレ!組長の後任は世剣テラス?」と題してお送りしました。

1話目からかなりいろんな展開があり、一体どういうこと?どうなるの?って感じでしたね。

2話目もとっても楽しみですね!

絵がないとわかりにくいところもあり、漫画でないと面白さが伝わらないところもたくさんあるので、ぜひぜひ漫画で読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました